【マザー牧場】富津が誇るレジャー!動物も・自然も・グルメも!全てが叶う場所

目次

はじめに

皆さんこんにちは。富津大好きYUKIです。


皆さんは千葉県にある『マザー牧場』をご存知ですか?名前だけなら聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。一般的な牧場とは一線を画した、様々なエンターテイメントも開催されているマザー牧場には、毎日たくさんの方が訪れています。富津市にマザー牧場があることは、ちょっとした自慢ですし誇りです。本当にこの場所が大好きですし、沢山の方々に一度は行ってみてほしい場所です。今回はそんなマザー牧場の魅力をたっぷりと紹介していきます。

マザー牧場
牛さん可愛い♡ 写真は公式サイトより引用
ナッシ

楽しいよ♪

マザー牧場がある場所は?

まずはマザー牧場がある場所について紹介していきます。マザー牧場は千葉県富津市にある鹿野山という山の山頂付近に位置しています。都内からも1時間程度で訪れることができるため、週末にはたくさんの家族連れで賑わいます。電車の場合は少し時間がかかってしまいますが、最寄り駅からはマザー牧場へ行くバスが運行されているので車がなくても気軽に行くことが可能です。自然豊かな南房総に位置しているため、都会の騒がしい環境から距離を置きたいという方にとっても最適ですよ。

マザー牧場
大自然って感じ!空気が美味しいです
ナッシ

山にあるから、冬はかなり冷えるよ!

そもそもマザー牧場とは?

マザー牧場とは、たくさんの動植物を飼育しており、動物と触れ合ったり植物を収穫したりすることができる牧場です。これだけでは説明不足と言われても仕方ないほど、これ以外にもたくさんのアクティビティが用意されています。
例えば、隣接する遊園地があったり今話題のグランピングができたりなどです。親子連れはもちろんですが、最近では恋人同士や友人同士での来園も増えており、大自然の中にある1つの大きなテーマパークとして確立しています。

マザー牧場ではどのようなことが楽しめるのか?

ここからはマザー牧場にはどのような施設があり、何を体験できるのかについて紹介していきます。
たくさんの動物と触れ合うことができる
マザー牧場の一番の魅力と言っても過言ではないのが、たくさんの動物たちとふれあう事ができるという点です。馬やアルパカ・羊など、たくさんの動物が飼育されており、直接餌やりをしたり、乗馬したりと気軽にたくさんの動物とスキンシップを取れますよ。

自然をみて楽しむことができる

マザー牧場には、動物と触れ合えるだけではなく、花畑などの自然を楽しむためのスポットも用意されています。季節にもよりますが、5月から9月までの春・夏シーズンには斜面を覆い尽くすほどのたくさんの花を堪能することができます。フラワーパークなどに引けを取らないスケールで、多くのカメラマンや親子連れで賑わいます。

マザー牧場
写真は公式サイトより引用
ナッシ

公式サイトには、いつ・何の花が見頃を迎えるのか書いてあるよ。
開花カレンダーはこちら

収穫体験ができる

マザー牧場では自然の植物を栽培しており、それらをお客さんが収穫して食べることができます。ここまでは触れること・見ることで楽しめるスポットでしたが、味覚でもマザー牧場の魅力を堪能することができます。
こちらも季節によって収穫できる植物が異なってくるため、お目当ての植物の収穫ができるかはわかりません。公式ホームページに詳細が記載されているので、行く前にチェックしておきましょう。

ナッシ

いちご・ブルーベリー・さつまいも・キウイフルーツの体験ができるみたい!収穫カレンダーはこちら

大自然ならではのグルメを堪能できる

マザー牧場では食事をすることもできます。牧場といえばジンギスカンというイメージがあるかもしれませんし、もちろんマザー牧場でもジンギスカンを食べられます。厳選されたラム肉は程よい食べごたえがあり、旨味が凝縮されているためいくら食べても飽きません。
この他にも、厚切りのステーキや自家製ソーセージなど、たくさんのオリジナルメニューを用意してお客さんを待っています。大人も子供も楽しめるグルメにも注力されています。

このように、マザー牧場ではたくさんの楽しめるスポットがあり、子供はもちろん、大人でも十分に1日を満喫することができます。子供だけ、大人だけではなく家族連れなどを想定したエンターテイメントも充実しているのです。

マザー牧場
写真は公式サイトより引用
ナッシ

前に行った時は、カレーを食べたよ。ソフトクリームは絶対食べた方が良いよ!

他の牧場には無いマザー牧場の特徴とは?

では、なぜマザー牧場は日本各地に知れ渡るほど有名な牧場になったのでしょうか?そこには、マザー牧場にしか無い魅力や特徴が隠されています。ここからはマザー牧場の特徴を紹介していきます。

ナッシ

余談だけど、地元民は、『マボク』と略します

圧倒的な広さの敷地面積


マザー牧場は他の牧場とは比べ物にならないほどの広さがあり、その分たくさんの動植物が飼育されています。一般的な牧場であれば、動物のみであったり、植物もおまけ程度で栽培されていたりするケースが大半ですが、マザー牧場においてはふれあい・植物鑑賞・ショーなどの催し物・飲食全てにこだわりをもって運営されています。そもそも規模感が違うため、1日いても全く飽きないよう工夫されているのです。

ナッシ

【マザー牧場を楽しむアドバイス】
動物のショーは、時間が決まっているから、事前にスケジュールを立てた方が良いよ。タイムスケジュールはこちら

羊の毛刈りを生でみられる「シープショー」がある

マザー牧場では、飼育している羊の毛刈りをショーの中で見ることができます。のちのちセーターなどに加工される羊の毛皮は非常にボリューミーで、スタッフが解説をしながら目の前で刈ってくれます。ショーには飼育されている19種類の羊たちも登場し、ジンギスカンが美味しい羊・毛皮がたくさん取れる羊など、たくさんの羊たちを見ることができます。ショーが終わったあとには、毛刈りが終わったあとの羊たちと触れ合うことができます。毛のない羊に触れたことがあるという方は少ないかと思いますので、ぜひショーに参加して体験してみてはいかがでしょうか?

マザー牧場
写真は公式サイトより引用
ナッシ

これは見る価値ありそうだね

乗馬体験ができる

マザー牧場では乗馬体験もすることができます。馬への餌やりはもちろん、実際に馬に乗りながら操作することも可能です。乳搾り体験など、一般的な牧場でもできるアクティビティも併設されていますが、乗馬のような滅多にない体験もできるのがマザー牧場の特徴です。

ナッシ

乗馬って簡単そうに見えて難しい。以外に高さも感じるよ。
詳細は、こちらの公式サイトを確認してね。

大自然の中には遊園地も併設されている

マザー牧場には牧場施設はもちろんですが、山の上エリアには遊園地が併設されています。一般的な遊園地と遊具自体に大差はありませんが、これほどの大自然の中にある遊園地は非常に珍しいです。観覧車に乗ると、マザー牧場の各施設を見渡すことができ、周囲の自然環境も楽しむ事ができます。
大人向けではありますが、バンジージャンプも用意されています。約20mの高さから
ジャンプする恐怖はありますが、タワーの上ではスタッフの方が丁寧に準備をしてくれます。空から見る景色は観覧車と同様に壮大なもので、スッキリした気持ちになれますよ。

マザー牧場
この観覧車はいつか乗ってみたい。写真は公式サイトより引用
ナッシ

年齢・身長制限が無いアトラクションも多いから、小さいお子様にも優しい遊園地だね!

お土産も充実している

マザー牧場ではお土産の種類や量も充実しています。たくさんのお客さんが訪れるからという理由もあるかもしれませんが、売店にはかなりの種類のアイテムが並んでいます。お菓子や食べ物はもちろん、ぬいぐるみやキーホルダーなど、マザー牧場ならではの商品が多く、友人や家族へのお土産にピッタリです。しっかりと梱包されたお菓子もあるので、職場や学校への差し入れとしても持参できますよ。

ナッシ

牧場で買うヨーグルトって美味しいよね。

コテージに宿泊したり、キャンプをしたりすることもできる

マザー牧場にはキャンプ場とコテージが併設されているため、たくさん楽しんだあとは現地で宿泊することもできます。3名以下であれば1万2千円から宿泊することができ、一般的なビジネスホテルよりも低価格となっています。もちろんコテージは森の中にあるため、都会の方にとっては大自然の中で過ごすという珍しい体験をすることができますよ。

マザー牧場
テント・コテージ・ドーム型など、沢山の施設があります。写真は公式サイトより引用
ナッシ

キャンプは、ワンちゃん同伴OKだよ

ドッグランを無料で利用することができる

マザー牧場では専用のドッグランが併設されており、無料で利用することができます。旅行となると愛犬を留守番させなければいけないと悩んでいた方にもぴったりです。ベンチや休憩所なども用意されており、天然芝の上で思いっきり走らせることができますよ。
ドッグランは3つのエリアに分類されており(小型・中-大型・貸し切り)、貸し切りエリアでは他の犬と干渉することなく、愛犬との時間を楽しめます。飲食エリアでも特定の場所であればペット同伴で入場できるので安心です。
また、ワンちゃんと一緒に楽しめるコースが紹介されているので、一緒にマザー牧場を楽しむことができます。
涼しくなったら愛犬と行こうかなと計画中です♪
ワンちゃんと一緒プランはこちら

ナッシ

ワンちゃんの入場料は別途(700円)です。

マザー牧場で楽しめる「グランピング」が今話題に!

みなさんはグランピングという言葉を聞いたことはありますか?グランピングはキャンプと似たような言葉ではありますが、参加者の負担をより抑えて自然を満喫することができます。
グランピングではコテージや専用の宿泊スポットが用意されている他、基本的には食材・料理も用意されています。値段こそ少々高くなってしまいますが、自分たちで食材を用意したり、テントを組み立てたりする必要がないので、家族連れや大人同士でも時間をムダにすることなく十分に楽しめます。これらの準備が必要ないので、よりマザー牧場での時間を長く過ごす事が可能になるのです。

マザー牧場のグランピングでは、当然ではありますが新鮮なお肉をメニューとして提供してもらう事ができます。牛ロースやリブロースなどの大きなステーキに加え、色とりどりの野菜はもちろん、ワインまでいただけます。お部屋にはおしゃれなハンモックが用意されていたり、グランピングならではの木目調のシックな環境が整えられていたりします。

一般的なキャンプではテント以外の設備に目を向けられることが少ないので、少々雑になりがちですが、グランピングにおいてはこの点も抜かりありません。お風呂やトイレなどはホテルのような清潔感と高級感があり、大自然の中にいながら何も困ることのない設備となっています。
グランピングの詳細はこちら

写真は公式サイトより引用

グランピング参加者限定特典も!

マザー牧場でのグランピングを利用した方には、マザー牧場で利用できる限定特典が突いてきます。中でも、早朝の乳搾り体験が人気で、一般客よりも早い早朝の時間帯に牛の乳搾りをすることができます。ほかにも、宿泊者ならではのキャンプファイヤーや、バター作り体験など、友人同士はもちろん親子連れにも嬉しい特典が用意されています。

マザー牧場
乳しぼり体験楽しかった!牛さんも可愛いし、良い子ちゃんだった

アクセス


・君津PAスマートIC(ETC車限定)から約8km
・木更津南ICから約15km
・君津ICから約14km

バス
・君津駅から約30分
・東京湾アクアライン高速バスで東京駅から君津駅までの直通が利用可能

ナッシ

公式サイトのアクセス案内はこちら

さいごに

いかがでしょうか。今回は千葉県にあるマザー牧場について紹介しました。
マザー牧場へ行ってみたくなりませんか?
私は記事を書きながら、楽しかった思い出を振り返り、近いうちに愛犬と行こうと思いました。

マザー牧場では動植物とのふれあいのみならず、大人も大満足間違い無しのアクティビティがたくさん用意されています。友人同士や恋人同士、ご家族でなど、誰が言っても楽しめる施設となっているため、ぜひ足を運んでみてくださいね。
遠方からでも来る価値有りです!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

結婚を機に、千葉県富津市へ移住しました。
富津が大好きです。
私が感じた魅力をお伝えしたいと思い、ブログを始めました。
オススメの場所や、実際に行って良かったお店を紹介していきます。
雪国→東京→雪国→富津

目次